「KISEKI」リニューアルのご案内

いつも弊社商品をご利用いただきありがとうございます。

さて、この度パンク防止剤「KISEKI」はリニューアルさせていただくことになりました。
新「KISEKI」は従来製品より空気の減りが少なく、無臭にちかく、剝がしやすく、どのリムテープにも対応できるようにしました。

以前お買い上げのお客様にお試しいただきたく新「KISEKI」を送らせていただきます。
従来製品と混ぜないでお使いください。タイヤに付いている従来製品をできるだけ剝がし、新「KISEKI」を35㎖ほど入れてください。空気漏れが気になるようであれば20㎖ほど足してください。できるだけ薄く何回も膜を張るように入れます。
また、ゴムパッチでのパンク修理は内側が乾いていても修理できますが、修理後にゴムパッチでふさいだ穴から空気が漏れるようであれば20㎖ほど足してください。(一度修理したものは完全修理となり、そのまま走行可能です。)

これからもより一層の製品の品質向上に取り組んで参りますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

「KISEKI」を剥がした時にゴムパッチも取れた時の対処法について

新「KISEKI」を受け取られたお客様より標記の質問があり、お答えします。
回答
ゴムパッチで修理した回りは剥がさず「KISEKI」を入れてください。
ゴムパッチも一緒に剥がれた場合は内側にチューブ用パンク修理パッチを貼ります。一般にチューブ用パッチは薄いため内側から膨らむことがありますが、その時はTUBELESSCUEで再度パンク修理をしてください。

前の記事

お客様の声