チューブレスタイヤのパンク修理は専門知識や熟練を要します、特にロードバイクの場合タイヤの空気圧が高い為、瞬間パンク修理剤や修理キットで修復をしても、漏れが再発したりして完全修復をするには多くの問題を抱えていました。

TUBELESSCUEのパンク修理キットは、タイヤを外さず修理出来るので、携帯ポンプでビードが上がらないという心配がありません。

ここで使われるパンク修理キットの黒いゴムは、専用のパンク修理剤KISEKIと同じ天然ゴムから出来ており、修復後はゴムと防止剤が一体化し、長期間の使用に耐えることが出来ます。

【注意1】TUBELESSCUEは専用のパンク防止剤KISEKIでないと修理出来ません。

【注意2】タイヤの厚みや硬さによって、下穴を調節する必要があります。TUBELESCUEの裏に付いている3段階のピンで調節してください。
(1段目3.3mm、2段目3.5mm、3段目3.8mmと奥に入るほど径が大きくなります。パンクした穴にもよりますが、この穴をピンで塞いで60PSI程空気を入れないと上手く修理が出来ません。)

【注意3】柔らかいゴムを外から打ち込みますので、回しながら入れるとゴムが切れてしまいます、穴に合わせたら打ち込むラインを真っすぐにして、そのまま体重をかけて打ち込みます。

TUBELESSCUEの各部品は非常に精密に出来ており、ボデーはアルミの中でも一番固い材質(7075T6)を使っているので傷がつきにくくなっております。先端の爪が破損しても部品の交換だけで直すことが出来るので安心です。(破損した部品は無償交換します)

現場でのパンク修理の時間を大幅に削減出来、もうパンクで悩むことは有りません。

取扱説明書

TUBELESSCUE取扱説明書

ゴムパッチのセット方法