【チューブレスタイヤの構造】

【タイヤの写真】

【修理したパッチの穴から空気が漏れる理由】
タイヤをよくみるとビード部分に無数の穴が開いています。タイヤの骨格であるビードとケーシングはナイロン繊維で出来ており、この ビードの穴から空気が入り込んでしまいます。結果ケーシングの外側コンパウンド(外側ゴム)が傷ついただけで空気漏れが起きてしまい ます。この状態ではTUBELESSCUEで修理しても完全には空気漏れは止まりません。


まずタイヤの内側、リムテープ、バルブのゴム部、すべてパーツク リーナーで油分を取り除きます。 次にタイヤをリムに取り付けます。
ビードを真ん中に寄せ、リム とタイヤの隙間にMAKUHALの液(両側で10ml)をたらします。 ビードを上げます。
これでビード部の穴を塞ぐことができます。


一旦ビードを上げた状態からバルブコアを外し、MAKUHALの 液137ml全部を入れます。 バルブコアを付け再度空気を入れます。その後ホイールを数回 ゆっくりまわします。 もう一度バルブコアを外し今度は入れた液をすべて注射器で抜 き取ります。(注射器は100均化粧品売り場で売っています) 抜き取った後、バルブを付け所定の空気圧をいれます。(抜き 取った液は再度使えるので容器に戻します)このとき使用する量 は約25ml程です。

こうしてセットしたタイヤはクリンチャーのプチル チユーブと同等程度の空気減衰量を保ちます。 (5日間で20%未満) 外側コンパウンド(ゴム)に出来た傷程度では空気 漏れは起こらなくなりパンクのリスクも大幅に減 ります。 MAKUHALはタイヤの中で乾いても TUBELESSCUEで修理が出来ます。薄いきれ いな膜を張らせることが重要です。 ケーシングを破るパンクでも空気は急激には漏 れ出しません。走行中にシーラントもほとんど飛

び出ることはないのです。入れすぎるとシーラン トと中の空気が混ざり合ってスポンジのように白 くなります。パンクした時シーラントが飛び出てく るのは液の入れすぎです。 空気が抜ける場合は内側の膜が切れていること があります。このときはもう一度MAKUHALを入 れて注射器で抜く動作を繰り返してください。奇 麗な膜を張ったタイヤは液体が流動することがな いためホイールバランスを取ることが 可能です。