KISEKI(チューブレスタイヤ専用パンク防止剤)

チューブレスタイヤのパンク修理は専門知識や熟練を要し、一度タイヤを外すと携帯ポンプではビードを上げるのが大変な作業となります。
パンクした場合、現場での作業はクリンチャータイヤと同じように、予備のチューブを入れ直すか、瞬間パンク修理剤で直すしかありませんでした。
また多くのパンク修理キットも、ロードバイクのような高圧タイヤでは、完全修復が出来ず多くの問題を抱えていました。
チューブレスタイヤのパンク修理からサイクリストを解放したい、そんな思いで開発されたのがKISEKIです。小さな穴のパンクはこの防止剤だけで防ぐことが出来ます。
それでも防ぎきれない大きな穴は、専用のパンク修理キットTUBELESSCUEを併用すれば、パンク修理が出来ます。
タイヤを外すことなく、ビードを落とすこともなく、自転車に付いたままの状態で修理が出来るので、タイヤが膨らまないという心配は無くなりました。
又パンク防止剤KISEKIとTUBELESSCUEのゴムは同じ材質で出来ており、長期間の使用にも耐えることが出来ます。
このパンク防止剤KISEKIはタイヤの内側に薄いゴムの膜を形成するので、固まっても防止効果は継続します。

【注意】

不純物を取り除いたKISEKIでないとTUBELESSCUE本来の完全修復は出来ません。(写真左がKISEKIを入れた状態、写真右が他社の不純物が混じったシーラントです、密着しなければならない裏面に、不純物がサンドイッチされてしまい漏れが止まりません。)

タイヤからパンク防止剤を剥がすには、完全に乾かせば簡単にはがせます。